昨年7月に結婚式を挙げられたカップルさんに
HP掲載のご協力でヒアリングをいたしました。
takiguchi

平成28年6月30日に入籍し、お二人の生活が始まったのですが、
このまま、両家のお披露目なく過ごしてよいものか、
と考えていた新郎新婦。
本当にお祝いして頂きたい大切な家族、
親族と共に二人の想いを見届けて貰いたいと
思うようになったのです。
両家とも食べることが大好きだったので、
特にイベントを考えず、美味しいものを皆で食べ、
同じ空間で共に過ごしたいと考えられました。
プロの司会者も立てず、ウェディングケーキ入刀もなく,
親族皆の顔がしっかり見えゆっくり話が出きる時間を優先しました。

takiguchi2

takiguchi3

今振り返って感じる事は、の質問に
【何年たっても、良い結婚式だったねと思える
お披露目会でした。
結婚式を挙げない選択もありましたが、
けじめと区切りをしっかり自覚でき、
両家にも認めてもらい、人生の階段を一つ上がれました。
私たちの結婚式を機に、
家族が新たな楽しみを見つけてくれていることに、
結婚式の不思議なパワーを感じています。
喧嘩もするけれど、こんな素敵な結婚式を行った事で、
これから何があったとしても、乗り越えていける!
そんな自信を持つことが出来ました】
と語るお二人です。

takiguchi4

結婚式はどうして挙げたほうが良いのか、
お金をかけずとも、
今までの感謝を大切な方々の前で誓い、宣言する。
そう言った場を作ることが、
お二人にのこれからの生活にとって、
大きな力となるのだと思います。

takiguchi5